訪問看護師に転職してよかった

私も病院の事務当直で夜勤していたので深夜勤務の辛さは経験しています。
ただ決定的に看護師さんと違ったのは日勤と夜勤が交互に来る勤務体制ではなかったということです、この違いは非常に大きいと思います。

夜勤なら夜勤だけの勤務体制は意外と楽なんですね。

まあ昼間は建築工事・交通騒音が多かったりして自宅で睡眠不足という事も何度もありましたが、そういった時は夜勤あけのビールはかなり効きますからアルコールの力を借りて熟睡しました。

一番辛いのが常勤看護師・准看の夜勤と日勤の交替シフトではないかと思います。

どうしてもうまく体調管理が出来なかったり、睡眠が十分に取れないで寝不足のまま出勤ということもままあると思います。

とくに小さいお子さんが発熱で弱っているときなどそばに居てあげたいと思うのは母親として当然の感情でしょう。

そういった理由で夜勤シフトのない医療介護施設・訪問看護師・美容整形外科クリニックなどに転職する人が増えているのもうなずけます。

 

煩わしい人間関係とオサラバ

 

私は経理・総務の事務系の仕事を10年、営業を15年やりましたが大きな違いを経験しています。

会社の中のデスクワークというのは煩わしい人間関係があって、結構気を使ってストレスが溜まるんですね。
どこの会社でもいるアホな上司・同僚と一日中顔を見合わせなければいけないので苦痛です。

ランチタイムに誘われたら断る勇気もないので一緒に飯くったり、本当に組織人は疲れます。

その点営業はノルマをクリアーすればあとは自由で、嫌な上司がいない外で時間を過ごせますので天国みたいなものです。

もちろん朝と夕方は会社で一緒ですが何と言っても時間が短いので少々のことは我慢できるんですね

相性の悪い夫婦が店舗経営を始めると一日中一緒なので相手のアラが見えて喧嘩ばかりしてうまくいかないのと同じです。

ナースの世界も一緒にいる時間が長ければ長いほど、不満・不平・悪口が出てきませんか?

その点訪問看護師は営業職と同じでステーションを車で出発したら一人の世界ですから煩わしい人間関係に悩まされることなく、100%患者さんと向き合うことができる素晴らしい職場だと思います。

 

 

将来の夢がある

 

将来は訪問看護ステーションを自分で立ちあげたいという理由で訪問看護師に転職する人もかなり増えてきてるようです。

病院を作るとなると設備投資に莫大な費用がかかりますがステーションなら事務所ですのでさほどの金額を必要としません。

国の後押しもあり今後は在宅医療がどんどん発展・進化していく事でしょう。

自分の理想の医療を実現できるビジネスチャンスがあるわけですから、積極的に挑戦する価値は十分あると思います。

 

投稿日:

Copyright© 訪問看護師の求人|辛い夜勤がない、病棟の人間関係で悩んでいる方へ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.